スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています



マネーセンス カテゴリ: -

中国の人民元の管理方法と弾力化の意図


6月末に、中国の人民元の弾力化が始まりました。

正直、期待していたほどの変動はないというのが、多くの人の感想でしょう。

今回は、中国の中央銀行である「中国人民銀行」がいかにして人民元の相場を管理しているのかについて説明します。
続きを読む >>


マネーセンス カテゴリ: 中国人

情報格差を利用するアービトラージャー(差金取り)


情報格差を利用するアービトラージャー(差金取り)について知っておくとマネーセンスが上がると思います。

たとえば、リーマンショック移行、世界同時不況と言われています。

しかし、実際には世の中にお金はかなり余っていたりします。お金がないように見えるだけです。
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: マネーセンス

2009年、貸金業者の倒産件数が過去5年で最悪


貸金業者の倒産、09年は件数・負債総額とも過去5年で最悪

帝国データバンクが21日発表した主要な消費者金融・事業者金融業者の経営実態調査によると、2009年は倒産件数・負債総額ともに過去5年で最悪の水準にな
る。

今年は消費者金融などをお金を貸す会社が倒産しまくりました。

主な原因は次の2つ。

・貸付金利の引き下げで収入減
・過払い金の返還請求が高止まりし、収益を圧迫
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: 消費者金融の業績

ワクチン債・SRI(社会的責任投資)ファンド・エコファンド


個人が投資をして社会貢献する仕組みは債券や投資信託といった金融商品にもあります。

たとえば、「ワクチン債」は途上国の子供達を感染症の危険から守りたいという理念から、途上国向けのワクチン購入資金を集めるために、予防接種支援の国際機関が発行した外貨建て債券です。
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: 投資ファンド

マイケル・ジャクソンとお金の話


マイケル・ジャクソンとお金の話「天才的な投資眼」と「生涯続いた金銭トラブル」

世界のトップシンガーの残した純資産は約2億3660万ドル(227億円)だったと言われる。だが、ビートルズの作品などの著作権を管理する会社の保有株、何台もの高級車、趣味が高じて買い漁った美術品などだけでも5億6760万ドルとの説もある。その一方で、多額の負債も抱えており、その額は約3億3100万ドルに達するとも言う。


マイケル・ジャクソンのお金にまつわる話です。

この記事、面白いですね。
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: 著作権

住宅ローン、固定金利と変動金利の乗り換え


最近、収入が減ったり、伸びる様子がないなどで、住宅ローンの借換を検討する人が増えているようですね。

住宅ローンって、35年とか長いですからね。

ある意味、35年間、首輪をつけられているようなものです。

今回は固定金利と変動金利の乗り換えについて書きたいと思います。
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: 住宅ローン

株のしくみ


日本には株式会社といわれる会社がたくさんあります。

しかし、株や株価といったものが、どんなものなのか、しっかりと説明できる人はそれほどいないでしょう。

ここでは、簡単に株について説明したいと思います。
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: 株・株式投資

中国人のマネーセンス


中国人は自らの国である中国が未来永劫、同じ体制のままでいくとは思っていません。

国に関する価値観としては、日本人と正反対です。

日本人は中国人と違って、国を無条件で信じている人が多いです。銀行に預金したお金はすべて安全と思っている国民です。

しかし、中国人は自国とはあくまで面従腹背で付き合うのが基本です。
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: 中国人

外国人、ホームレスを狙ったヤミ金が増加


Yahoo!ニュース『出稼ぎ外国人、ホームレス餌食 ヤミ金相談、再び増加』より

昨年9月2日、大阪市天王寺区の飲食店で働く韓国籍の40代女性が同会に相談に訪れた。同じ韓国籍の業者に10万円を借り、数週間にわたり週4万円の利息を取り立てられたという。女性は、50万円の借り入れで、1カ月に9万5000円もの利息を取られたこともあった。

10万円借りて週4万円の利息ってありえないですね。。

韓国から日本に出稼ぎに来ている女性ばかりを狙ったヤミ金融業者がいるようです。

借りる方も、韓国語が通じるから借りやすかったと。。

確かに、お金を借りる時の言葉の壁って大きいかもしれません。
続きを読む >>

マネーセンス カテゴリ: ヤミ金融

お札と顔のシワの関係


14歳からのお金の話
池上 彰
4838716540

この本は非常にお金についての勉強になる。

でも、私が一番、目から鱗だったので、「お札と顔のシワの関係」だ。
続きを読む >>


マネーセンス カテゴリ: お札・紙幣