<< 株のしくみ | main | マイケル・ジャクソンとお金の話 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています



マネーセンス カテゴリ: -

住宅ローン、固定金利と変動金利の乗り換え


最近、収入が減ったり、伸びる様子がないなどで、住宅ローンの借換を検討する人が増えているようですね。

住宅ローンって、35年とか長いですからね。

ある意味、35年間、首輪をつけられているようなものです。

今回は固定金利と変動金利の乗り換えについて書きたいと思います。
固定金利から変動金利に変える場合は、目先の金利は低くても、将来的に金利が上昇すれば、総支払額が増える可能性が出てきます。

とくに、昨今は3年後、5年後だけでなく、1年後さえ読みにくい時代です。

つねに時流に敏感になって対応する必要があります。

一方、変動金利から固定金利に切り替える場合は、現在の変動金利より高い金利が設定されて金利が増えることがあります。

しかし、将来の金利の高低に悩まずに済みます。

現在は、経済が不安定で将来が読みづらい時代です。

こういったときは、5〜10年程度の固定金利が良いかも知れません。

数年スパンでローンを見直す時代だと思いますね。





住宅ローン 三井住友

レイクの「レディースローン」


マネーセンス カテゴリ: 住宅ローン

スポンサーサイト




マネーセンス カテゴリ: -